メインコンテンツ

その他のコンテンツ

デンタルインプラント

インプラントとは外傷を受けた部分に、人工的に作った器官・組織を埋め込むことです。人工関節や義歯・腱・血管などがあります。よく耳にするインプラントの多くは、歯科で行われている「デンタルインプラント」という種類のものです。歯科で行われているデンタルインプラントは虫歯や歯周病、外傷などで歯を失った場合に、骨に直接埋め込む人工の歯、つまり人工歯根です。このインプラントは純チタンかチタン合金で出来ています。形はねじ状、シリンダー状、歯のような円錐形等さまざまです。

以前は歯周病というと高齢者に多くみられる病気でした。しかし食生活の変化等が原因で、歯周炎から歯周病を発症する若年性歯周炎が急増しています。若年者は歯周炎・歯周病への認識不足や、時間に追われ病院に行けないこともあり発見が遅くなることが多く、歯を抜くことになってしまうケースが多いのです。

デンタルインプラントはあごの骨に穴をあけて治療するため、入れ歯よりもしっかり噛めて食べ物の味をしっかりと味わうことができます。また、見た目やその機能も天然の歯に近い機能を持っています。ブリッジのように健康な歯を傷つけることもなく、見た目もとてもきれいで自然な仕上がりだといわれています。デンタルインプラント治療は失ってしまった歯を取り戻す最良の方法です。歯の治療を受ける際にはデンタルインプラント治療以外の治療法も含めて比較検討し、それぞれの利点・欠点・注意事項をしっかりと知る必要があります。